探偵

探偵の起源とは?

探偵と言えば何を想像しますか。浮気調査?人探し?いわゆる調べものをするのが探偵かと思いますが、その探偵の起源はご存知でしょうか。
探偵の起源は意外にも古く、古代まで遡ることができます。ただ、現代の探偵のように浮気調査や人探しをしているわけではなく、敵国の内情を調べるためことを仕事としていた人たちが起源と言えます。日本でいえば、忍者が探偵の起源と言えるかもしれません。イギリスでは、産業革命が起きる前には私立探偵と呼ばれる人たちが活躍していました。ところが、産業革命による人口の都市部集中などが原因で個人で情報を収集することが困難になり、探偵社ができたといわれています。
世界で最初の探偵社は、1833年にフランスでできました。フランス軍の兵士であり元々犯罪者だった人物が探偵となり、パリ警察の密偵として重宝されたということです。その後1852年に、アメリカで有名なピンカートン探偵社が設立しました。日本で初めて設立されたのは、1889年で日本橋に設立されました。ところが、日本ではだれでも名乗れば探偵になれたのですが、2007年6月に依頼者を守る探偵業法が施行され、探偵業界の健全化がはかられることとなりました。

記事一覧

TOP